内面研削

【内面研削とは】

内面研削とは工作物の穴径(内径)を削ることです。
加工方法としては主軸側に固定した工作物を回転させ、高速に回転させた砥石を工作物の軸方向に往復で動かしながら加工する普通型と、工作物を固定させ、砥石を穴の内周方向に円を描くように回転運動させながら加工するプラネタリ型があります。
しかし、プラネタリ型は加工精度が普通型に比べて劣るため、アミイダで導入している内面研削盤はすべて普通型となっています。
ちなみにプラネタリ型に適した工作物ですが、軸が偏芯などしていて回転させるとバランスが悪くなってしまう場合や、工作物が異形状で普通型では固定できない場合、また大型の工作物などの場合に適しています。

さて、加工するときですが、当然工作物の穴径よりも小径の砥石を使用する必要があります。そして砥石軸(クイル)は工作物の穴の長さに合わせる必要があるため、砥石軸の剛性が問題になる場合があります。一般的には穴径の3倍の長さまでが加工適応範囲となっています。

内面研削をするときの固定方法ですが、爪で掴みながら加工するチャック加工、マグネットに張り付けながら加工するマグネット加工、専用の治工具で加工する場合などがありますが、チャック加工だけでも数種類の加工方法があります。

アミイダでのチャックワークですが、スクロールチャックを使用する場合、円筒状の工作物のときには三つ爪のチャック、ブロック状の工作物のときには4つ爪のチャックを使用し、繰り返し同じものを加工する量産加工のときに使用しているダイアフラムチャックや、コレットチャックの中でも繰り返し精度の高いハインブッフなど、チャックワークだけでも様々です。

また、加工できる穴形状ですが、ストレートの貫通穴や止まり穴はもちろんのこと、段加工やテーパ加工、他にも角のR加工も可能です。テーパ加工やR加工はストレートとのつなぎ加工も可能となっています。

最後に、内面研削で求められる精度は、寸法精度や面粗さはもちろんのこと、幾何公差では「真円度」、「同心度」、「円筒度」、「真直度」、「振れ(円周振れ・全振れ)」、「平行度」、「直角度」など

です。

1枚目から4枚目の写真は3つ爪のスクロールチャック

内面研削3つ爪のスクロールチャック

内面研削3つ爪のスクロールチャック

内面研削ダイアフラムチャック
内面研削3つ爪のスクロールチャック

5枚目の写真はダイアフラムチャックの写真

内面研削3つ爪のスクロールチャック