円筒研削

【円筒研削とは】

円筒研削とは、円筒状の工作物の外径を削ることです。
加工方法は砥石に対し工作物(テーブル)を左右送りしながら削る「トラバース加工」と、工作物の軸方向に直角に削り込む「プランジ加工」があります。
通常の加工ではトラバース加工の方が能率は良いですが、工作物の形状によって制約を受けることがあるため、2つの方法を使い分けて加工をします。

そして、工作物の形状によって制約を受けるのは加工方法だけでなく、加工するときの固定方法にも同じことが言えます。
工作物の両端のセンタ穴で保持する両センタ加工(回転センタの場合もある)や3つの爪で掴みながら加工するスクロールチャック加工、加工物の外径を包み込むように固定するコレットチャック加工、マグネットに張り付けながら加工するマグネット加工、他にも専用の治工具を使用しながら加工する場合もあり、工作物の形状や条件によってさまざまな加工方法を使い分ける必要がありますが、この使い分けがその会社の技術力といっても過言ではありません。

また、工作物の端面の加工が必要な場合、円筒研削盤を使い分けることがありますが、これは求められている研削面の加工面や精度の違いによるものです。アヤ目の面になるプレーンタイプの研削盤と円筒面と同じ加工面になるアンギュラタイプの研削盤です。
これをお客様の指示や工作物の用途によって使い分けています。

さらに、最近の円筒研削盤は加工できることがとても増えていて、テーパ加工だけでなく、凹Rや凸Rの加工も可能になっております。
他には段差があっても、2段同時に研削できる多段加工も可能で、2工程で行っていた加工も1工程で研削できるようにすることで、工数の短縮も可能になっています。

最後に、円筒研削で求められる精度は、寸法精度や面粗さはもちろんのこと、幾何公差では「真円度」、「同心度」、「円筒度」、「真直度」、「振れ(円周振れ・全振れ)」、「平行度」、「直角度」などです。

※この2枚の写真はプレーンタイプの砥石で両センタ加工をおこなっているところです。

円筒研削プレーンタイプ 円筒研削プレーンタイプ

この2枚の写真はアンギュラタイプの砥石でスクロールチャックにて加工しているところです。

円筒研削アンギュラタイプ 円筒研削アンギュラタイプ