こんにちは、株式会社アミイダの新井義和です。
今回は内面研削における内径の形状加工についてご紹介します。
これは使用する砥石を製品の形状に合うように成形し加工をおこなうものです。

1点目の白い砥石の方は内径が2段になっており、そのつなぎ部分のテーパ加工用に
成形しました。
もうひとつの緑の砥石の方は両側の内径が狭く、中間部分は広くなっている内径形状になっており
そのつなぎ部分にテーパ加工をするために成形したものです。
写真ですと少々分かりにくいかもしれませんが、伝わりましたかね…
内面研削ではストレート穴以外の異形状のものでも加工できることが
ご理解いただけたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事